俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

sumikaのバランス感覚が気持ちいいので、きっと売れます

f:id:summer39191628:20160922205310j:plain

 

どうも。

いいバンドを見つけたのでご紹介。

 

ふっかつのじゅもんって

私が最初に出会ったの彼らの楽曲はこちらである。世代的に見逃すわけにはいかない曲名である。 

 

トリッキーで面白い楽曲だと思う。YOUTUBEのリストにこれが並んでたら見過ごすわけにはいかないだろう。

遊び心とちょいとヘビーなサウンドがアンバランスで気持ち悪いような気持ちよさがある。

幅が広い 

かと言えば、こんな楽曲もある。

 

魔法なんて言葉を使っているからまたしてもドラクエ系かと思いきや、全然違うベクトルの楽曲である。

そしてここでも何ともアンバランスな気持ちよさを感じる箇所がある。

それはここの歌詞だ。

今度会えるときには

流した血の量も

ギャグになって

ネタになって

繋がれてく 

ここまでに出てきた「歌詞らしい歌詞」と違い、「ギャグ」や「ネタ」というあまり歌詞らしくないワードを使ってくる。この辺りのバランス感覚が、他のバンドにあまり見られないsumikaならではの味だと思っている。

気持ち悪さを差し込んでくる 

こちらの楽曲もそう。星野源を彷彿とさせる明るいダンスナンバーだが、「おや?」と思わせるワードが差し込んである。

 

『Lovers』なんていうド直球な曲名に関わらず、サビの歌詞がこれである。

ねぇ浮気して ねぇ余所見して

ずっとずっと離れぬように

ねぇフラついて ねぇ揺らめいて

ずっとずっと離れぬように

最後の最後の最後には

お願いこっち向いて

こっち向いて笑って欲しいのです 

MVがこれだし、サウンドも明るい恋愛ソングそのものなのだが、歌詞の中身を見ると全然違うものになっている。

「浮気」 「余所見」「フラついて」「揺らめいて」

どんだけじゃじゃ馬な彼女なんだと心配になる。そもそも歌い出しのこれだって心配である。

涙の理由を整理したくて

B5の紙に書きだしてみたんだ

辛さ悲しさ感情色々

滲んだインクの先に僕が透けていた

うん、不穏だね

ただならぬ関係だね。

 

このような闇属性の歌詞に、あんなポップで踊れちゃうサウンドを乗せてしまう、このアンバランスさ。気持ちの悪さ。だけどそれが気持ちいいという矛盾。

この絶妙なバランス感覚を素晴らしいとは思いませんか?

遊び心の使い方 

これだけ楽曲が溢れている世の中である。人の興味を惹くにはそれなりのものを用意しなければならない。

楽曲を作るアーティストであれば、そのサービス精神を、聴く人に少しでも楽しませようとする遊び心を、いかんなく発揮するべきである。

しかし、あまりにも遊びに傾倒しすぎるとただのギャグになってしまうし良いものを作ろうとするあまり、ど真ん中を行き過ぎると、「ありふれた曲」になってしまう。

たぶん、今のアーティストたちはこの2つの間で、常に「この辺りかな?」と探りを入れているように思う。

それだけ色々とやり尽くされているということだ。

危ういものに人は惹かれる

基本的に人は危ういものを見ずにはいられない習性がある。

sumikaの楽曲に見られるアンバランスさには、危うさと似た要素を感じてしまう。

そこまでsumikaのメンバーが狙っているかは分からないが、大きな魅力になっているのは間違いないだろう。

どちらにしろ、普通のいい曲なんてのはもうつまらなくて、どこかに尖った部分を用意しなければならないのだ。

それがsumikaにとっては、「ポップさ」と「違和感」を融合した先にあるアンバランスさなのだと思う。

バランス感覚というのは、ちゃんと分かっている人間だけが得るものである。何も見えていない人間、感じられていない人間はあっという間にバランスを崩してしまい奈落の底である。

 

最適なバランスを取り続けられる彼らの、今後の活躍に期待したいと思う。

 

以上。