俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

身近な人に素直に感謝を伝えるのは、けっこう難しい

f:id:summer39191628:20170721015937j:plain

慣れと照れは最大の敵。

 

  

どうも。結婚6年めのひろたつです。ケンカばっかしてますが、愛妻家です。自称ですがきっとそうです。

 

身近な人に感謝するのはムズい 

以前、『7つの習慣』という本の中で、「大勢の人間の前で真摯に振る舞うよりも、身近な人に真摯な態度で接することの方がはるかに難しい」みたいなことが書いてあって、確かに、と妙に納得した記憶がある。

身近であるがゆえにおざなりにしがちだし、身近であるがゆえに存在のありがたさを忘れてしまったりする。

 

スポンサーリンク
 


 

相手への慣れ 

この現象の主な原因はふたつある。

 

ひとつは、相手への慣れ(依存)である。

長年寄り添うと、お互いにルーチンが決まりきっており、それが当たり前になる。当たり前になると、人は“見えなくなる”。

相手にどれだけ負担がかかっていたとしても、それが当たり前なのだから、心の琴線に触れることはない。何も起こっていないのと同じになる。

 

これは完全に甘えである。

 

食事を作ってもらうこと、

掃除をすること、

洗濯をすること、

仕事をしてもらうこと、

子供の面倒をみてもらうこと、

 

などなど、それが繰り返されると当たり前になり、相手への感謝なんて湧きようがない。信号機にお礼を言うようなものだ。そんな奴見たことないだろう。

 

人は知らず知らずのうちに依存する。気が付けば依存しているのだ。いや、むしろ気付かないままの方が多いかもしれない。そして、少しでも自分の甘えが阻害されると相手に対して嫌悪感を抱く。「なんでやってないんだよ」と。

 

 

相手への照れ

もうひとつは照れである。

 

仕事で会う人や、ご近所さんなどは、いくらでも演技が通用する。お愛想も使えるだろうし、大して感謝をしていなくても「ありがとうございます」と言えてしまう。社会はそういう“上辺”で成り立っている部分が大きい。お互いに上手な上辺を見せ合うことが大人な関係と言える。

 

だが長く一緒にいると、これが通用しない。

お互いの人間性を知り尽くしているので、下手な演技はできなくなる。

相手にバレバレなので、恥ずかしくて「ありがとう」とか「愛してる」という言葉が使えなくなるのだ。または、普段言わないようなことを言うことに対しての照れである。

 

スポンサーリンク
 


 

本当は簡単なんだけど 

どちらも一度ハマるとなかなか抜け出すことは難しいだろう。お互いに感謝を言い合わない関係になってしまっているからだ。

 

実のことを言えば、身近な人に感謝の気持ちを持つことはさほど難しくはない。ありがたいことをしてもらえているのであれば、簡単である。ただ、長い間感謝することを忘れていると、難しくなるだけだ

 

熟年離婚が示す通り、長く連れ添ったからと言って仲が良いことにはならない。

むしろ相手の嫌な部分を知り尽くした結果、地球で一番嫌いな存在に成り果てているかもしれない。相方の悪口を言っている人はよくいる。

でも、嫌な所や足りない部分があったとしても、「お互い様だよね」という気持ちがあれば、そんな冷めきった関係にはならない。

自分の未熟さを認め、相手への敬意を忘れず「いつも、ありがとう」と言えれば、その関係は多少のぶつかり合いはあったとしても、良好でいられるはずだ。

 

幸せになる方法 

人が一番簡単に幸せになる方法は、感謝することだと何かの本で読んだ。

本当にそう思う。

 

身近にいる人の存在をそこら辺の石ころぐらいに思うのではなく、かけがえのない人だと感謝できれば、こんなに幸せなことはない。

まあその分、失ったときの悲しみも大きくなってしまうのだが…。

 

ということで、私は普段から奥さんに「いつも、ありがとう」を欠かさないようにしているのであった。恥ずかしがり屋の私は照れるようになったら、絶対に言えなくなるのが自分でも分かっているからだ。

予想される未来に対して対策が打てるのは、人間に備わった知恵である。

 

以上。

 

 

 


スポンサーリンク