俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

できないことで自分を追い詰めてはいけない

f:id:summer39191628:20170711013629j:plain

どんな素晴らしい人間でも、欠点のひとつやふたつはある。いや、いくらでもある。完璧じゃないことこそ人間の特徴である。

 

欠点が大好きな皆様

でも、どうしても人は自分の欠点ばかりに注目し、自分を責めてしまう。自己嫌悪に陥ることもある。

それは他人も同じで、自分だって欠点だらけのクセに、周囲の人間の悪いところばかりを見ようとする。

もしかしたら、そうすることで安心しようとしているのかもしれない。「ダメなのは自分だけじゃないんだ」と。

それはそれでかまわないのだが、お互いにダメなのだったら、批判なんぞせずにお互いに許し合えばいいと思うのだが、なかなか上手くいかない。

 

スポンサーリンク
 


 

自分くらいは自分を認めよう

f:id:summer39191628:20170711021955j:plain

人は他人を批判するのが好きだ。手間もお金もかからない娯楽である。そりゃ病みつきになるだろう。

でも、だからこそあなたは、あなた自身を否定するべきではない。自らを劣った人間だと決めつけて追い詰める必要はないのだ。

他人は放っておいても勝手に批判をしてくる。たとえそれがどれだけ素晴らしい人間だったとしてもだ。

だからこそあなたぐらいは自分を認めてあげるべきである。そうやってバランスをとるべきだ。

 

愚者は批判で生きている

基本的に大衆(私も含む)は愚者の集まりである。

愚者は他人の悪いところや欠点、落ち度を見つけるのが大好きで大得意。好きなことで生きている人たちなのだ。

だからそんな愚者たちは、どんなに素晴らしい人だとしても、どこからしらに批判するべきネタを見つけ出す。というか、作り出す。色んな角度から観察し、比べ、比較し、新たな問題点を引き出す。

なにか別の分野に応用すれば、非常に有益な能力のような気がするが、愚者はなかなか生産的な行為に及んではくれない。

 

スポンサーリンク
 


 

最大の理解者は自分

だけど自分は違うだろう。

少なくとも自分は、自分の良いところや好きな部分を知っているはずだ。

それは自己評価で全然かまわない。むしろ、他人の余計なフィルターを通さない分、純度が高いかもしれない。

 

中には自分で自分を否定することで、それを活力とする人もいて、世間的にはそういう人の方が評価されやすい。そういう傾向がある。

だけれども、自分を否定してもただただ辛くなるだけなのであれば、すぐに止めるべきだ。そんな自傷行為には何の意味もない。

どれだけの欠点を抱えていたとしても、自分ぐらいは自分を許してあげよう。そして長所を褒め称えよう。

 

心を軽くしよう

f:id:summer39191628:20170711022004j:plain

人には得手不得手がある。できないこともある。

手の無い人にはジャンケンができないだろう。だけど、口を使えばできる。いくらでも方法はあるだろう。それに別にジャンケンにこだわる必要だってない。

できないことで自分を追い詰めてはいけない。自分という形を認めよう。もしかしたらあなたの理想からしたら歪かもしれない。でもそれが自分なのだと認めよう。

欠けている部分を嘆くのではなく、今ある自分の形を好きになってみてはどうだろうか。

きっと心が軽くなるはずだ。

 

以上。

 

 


スポンサーリンク