読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月商30万円ぐらい。 どうぞよろしく。

努力は始めるときが1番辛く、継続できてしまうと今度は止めるのが難しくなる



スポンサーリンク

f:id:summer39191628:20170227092059j:plain

 

努力は人生を有意義なものにするためには必須だろう。

努力をしない、または努力を意識しない人生には「生きがい」が無くなる。

負荷があるからこその「生きがい」であり、何の労もせずに「生きがい」は手に入れられないだろう。

 

なんてことを、しょうもない自分の人生を肯定するために、自分自身に言い聞かせていたりする。

 

真実がどうであれ、基本的に努力は世界的に認められている行ないである。できれば誰もが努力できる人間になりたいと思っているだろうし、新たな能力を身に着けたければ努力が必須である。自らに負荷をかけなくてはならない。

そして、それと同時に努力は負荷であるがゆえに、困難なものだったり、継続することが難しいことだと思われている。

だが実はそれは違う。

 

マラソンをやったことがある人はよく分かってくれると思うが、どれだけマラソンの習慣が付いた人でも、マラソンに行く前というのは結構憂鬱である。頭の中にあるのは、これから自分の身に負荷をかけることの億劫さばかりで、走りきった後の爽快感なんてどうでもよくなっている。

それは休み明けの月曜日とまったく同じ状態だ。

 

人は何かを始めるときに1番負荷を感じる。機械も同じで電源を入れるときが1番、電力を消費する。“始める”というのはそれだけエネルギーを必要とする行為なのだ。

 

しかしこれが継続となるとそうでもない。

マラソンの例に話を戻すと、走り始めは憂鬱だったり億劫だったりし、体も苦しさを訴え出す。

300mも走り出す内に体が馴染んできて、憂鬱さも苦しさも鳴りを潜めるようになる。決して無くなるわけではないが、意識的に追いやれるぐらいには存在感が薄くなってくる。平常運転という感じ。

そのまま距離を稼ぐのは容易である。

 

つまり走りを“継続”することはとても簡単なのだ。

これは水曜日、木曜日辺りの朝の状態と同じかもしれない。もうすでに継続することが常態化しているわけだ。

 

 

ではこれでみんなが求める“努力できる自分”が手に入れられるのだが、それで終了かと言えばそうでもない。

 

努力というものの性質上、ただ単に継続するだけでは意味がない、という問題がある。

努力は確かに人生を有意義にするために大事なことだし、必要なことだが、それでも条件がある。

努力は「正しい場所で、正しい方向で、十分な量」をしないと結果に繋がらないのだ。

 

この見極めが非常に難しい。

というのも、人は継続を難しいと思いたがるクセがあるので、下手に継続できてしまうと止めることが難しくなってしまうのだ。つまり「もったいない」と思ってしまう。

いわゆる「損切り」ができない状態になってしまうのだ。

 

努力を始めるにはエネルギーが必要で、努力を止めるには覚悟が必要。

どちらにしろ努力には常に負荷が付きまとうということである。

 

少し自問してみてもいいかもしれない。

 

努力をしたくないと思っている自分は、ただ単に始めるとき特有の「億劫さ」に負けているだけではないか?

 

努力できていると思っている自分は、ただ単に止める覚悟ができないだけじゃないか?

 

そんな冷静な視点を持たない限り、自分が望むべく結果は手に入れられないだろう。

 

以上。