読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月商30万円ぐらい。 どうぞよろしく。

蓮舫氏が言っていた「2位じゃダメなんでしょうか?」は煽り文句ではない



スポンサーリンク

f:id:summer39191628:20161109221827j:plain

 

懐かしい話をしよう。

 

この世は2番さえも目指していない人だらけ

蓮舫さんと言えば、「世界一になる理由は?2位じゃダメなんですか?」という例のアレである。よくネットなんかでは煽り文句的に使われている。

口調と蓮舫さんの佇まいからそんな印象を受けたのだろうけど、実際に落ち着いて考えてみると、至極真っ当な質問だと思う。

大体にして、この世の中の大半の人は2位さえも目指してなかったりする。

ちょっと前のサッカー日本代表は「世界一」とよく言っていたが、あれだってみんな呆れていたじゃないか。バカにしていたじゃないか。

ちなみに私は本気で日本がW杯で優勝できると信じていたので、それはもうショックを受けたものである。

理由を知りたい

以前書いたこの記事にも通ずるところがあるのだが

なぜそんなに謝らせるのが好きなの? 

みんなあまり理由を聞きたがらないフシがある。もしかしたら私が目にする範囲だけの話かもしれないが、そういう傾向が見える。

何かおかしいと思ったときに「なぜ?」と聞くのがそんなに悪いことだろうか。

人を動かす最大の力は「納得」である。納得させるためには理由を相手に説明する必要がある。

別に「2位じゃダメなんでしょうか?」は煽りでも、揚げ足取りもでもなく、「教えてほしい」という意味なのだ。みんなあの語調にやられすぎである。

1番を目指す前にやることがある

サッカー日本代表もそうだったが、別に目標を高く持つことは悪いことじゃない。ルフィが海賊王になろうとするのだって、別に構わない。

だが、落ち着いて考えてもらえれば分かると思うが、1番になるためには「まず一歩」を踏み出さなければならない。結局どれだけ高みを目指そうとも、やるべきことは目の前のことなのだ。

1番を目指してもいい。だけど、その理由とやり方(戦略)がなければ、ただの絵空事である。そんなのを支援してくれるのは酔狂な人だけだろう。

感情に流されすぎ

感情的な人は感情的な言葉に弱いし、感情的じゃない言葉さえも感情的に受け取る傾向がある。ほとんど動物である。感情的な人に比べれば、ゴリラの方がまだ冷静なんじゃないだろうか。ゴリラには詳しくないけど。

チンパンジーは怒ると自分のフンを投げつけたりする。しかし人間はそれよりも高度なフンを投げつけてくるから厄介だ。感情というフンをぶつけてくる。

「バカ」というバカが使う言葉

理由があるなら説明すればいい。「こいつ分かってねえな!」と腹を立てる前に、「どうやって納得させようか」と考えるべきである。

説明できない、納得させられない、ということは結局その程度なのだ。

相手に対して「お前は何も分かってないバカだ」という反論しかできない人は、本当にバカだと思う。どう分かっていないのかを説明するべきなのだ。それができないから「バカ」という1㎜も頭を使っていない言葉に逃げるのだろう?

ネットなんかで溢れている文句の大半がそんな感じなので、どれだけみんな感情だけで言葉を垂れ流しているかよく分かるだろう。見るに値しないものばかりである。

 

一番じゃなきゃダメですか?

蓮舫 PHP研究所 2010-06-17
売り上げランキング : 493648
by ヨメレバ