読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月間250冊以上。 バカなことを書いて怒られること多し。

成功するための攻略本を探してるような人が世の中の養分になる



スポンサーリンク

f:id:summer39191628:20160516215655j:plain

 

養分の皆様、こんにちは。同じく養分のひろたつです。

 

こちらの本に興味深い記述があったのでご紹介。

f:id:summer39191628:20160516121120p:plain

インターネットビジネス マニフェスト完全版

チャンス追求型VS戦略型

インターネットでお金を稼ぐということに関して言うと、2つの異なる考え方があります。それはチャンス追求型と戦略型です。

(中略)

チャンス追求型は儲け話に焦点を当て、起業家(戦略型)は戦略的に考えます。チャンス追求型は、いつもそのときの流行りの最新チャンス、たくさんのお金を稼げる儲け話を探しまわっています。

(中略)

チャンス追求型にモノを売るのは、戦略型起業家に売るよりも100倍簡単なのです。なぜならチャンス追求型には基準がないからです。もしあなたが彼らを「これでお金が稼げる」と納得させることができれば、売上が立ちます。

私はこの部分を読んで絶望した。まさに私がそうだったからだ。ブログを始める前、どれだけの情報商材を買おうとしていたことか…。小遣いが少なすぎて結局買わずに済んだのだが、あの時の私は完全に「養分」だった。 

 

スポンサーリンク
 

 

まずは感謝を

今の所、私はそういった養分を吸い取る系の仕事をしていないが、すでに養分になってくれている方たちには感謝している。

これは情報商材だけに限らず、公営ギャンブルに手を出す養分達も一緒だ。彼らのおかげで日本の経済は回り、そのお金を手に入れた人が新たな価値の需要となるのだから。日本を支えているのは養分様たちのおかげなのだ。まずは感謝をしようじゃないか。ああ、あなたもそうですか。どうもどうも。美味しくいただかれたようで幸いです。

世に溢れた成功体験

本屋に行けば誰かの成功体験がいくらでも売っている。

その成功者たちが無知な皆さんを食い物にしようとしているのか、それとも素直に「私はこれで成功したんだ!みんなにも成功してもらいたい!」という気持ちで本を出版しているのかは分からない。ちゃんと目を通したことはないが、きっと何の価値もないのだと思う。

例えば、AKBのジャンケン大会がある。あれには絶対に優勝するメンバーがいる。そのメンバーが「私がジャンケン大会で優勝した方法」と題打って、本を出版したとしよう。内容には、ジャンケン大会に臨むにあたってコンディションの持って行き方や心構え、日々の食事内容、さらには大会中に出した手さえも公開されている。そして最後には「ジャンケン大会で優勝したことで私の人生はこんなにも変わった」的なことが記されている。

さて、この本には価値があるだろうか?道に落ちている軍手ぐらいの価値しかないと思う。

攻略本はない

見つけたことがないので確かなことは言えないが、たぶんこの世に攻略本は存在しない。あるとしたら、養分になる人達の頭の中にあるお花畑に落ちているぐらいだろう。私の頭の中にも昔は落ちていた。あの時、拾っておけば良かったと今になって後悔している。

日本ではこの「攻略本」探しでかなりのお金が動いているようだ。じゃなきゃ本屋にあれだけ充実したラインナップになっていない。市場が求めているわけだ。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

ちきりん ダイヤモンド社 2015-02-20
売り上げランキング : 3363
by ヨメレバ

この本で読んだのが、これからは「市場が価値を決める」そうだ。つまり養分の皆さんが価値を決めているわけで、そうなるとこれからも攻略本は発売され続け、ベストセラーになり続けるわけだ。不思議なものである。

養分になるのってそんなに楽しいのか?

レベル1のまま 

誰が誰の養分になろうともその人の勝手だし、そのおかげで日本の経済の多くが回っていることも事実なので一概に否定はできない。だが、誰かの攻略本を求めている内はいつまでもレベル1のままであろう。ドラクエで言ったら、最初の村の周りで永遠にスライムを倒している感じ。ドラクエやったことないけど。

ゲームであればいくらかの経験値が入って、いつかはレベルが上ってしまうが、現実世界ではそうはいかない。頭を使わず、いつまでも同じことを繰り返しているとむしろレベルが下る。1以下になってしまうのだ。そうなると次第に脳みそが腐りだす。腐った脳みそで考えることはこれだ。

「継続は力なり。諦めなければいつか報われる」 

 死ぬことと報われることが同義であればそれは真実になるだろう。だが私の知っている限りでは、「死ぬ=報われる」と捉えている人はいない。まあ私の人生経験のなさがそう思わせているだけかもしれないが。

本当に価値のあるもの

言うまでもないだろうが、一応どこかの養分候補のために書いておこう。

世に溢れた成功体験本、いわゆる「攻略本」にまったく価値がないとは言わない。だが本当に価値があるものというのは、結局の所、自分が考えたことや自分が経験したこと。そして痛みと共に学んだことだけなのだ。

どんな名言もこれには勝てない。というか、これしか人生の攻略に必要なものはないのだ。

だからいつまでも失敗することを恐れて、「いい攻略本はないか…?」と探し続けている人というのは、いつまでも自分の人生を生きられずに誰かの養分として生を全うするわけだ。ありがたい。

 

以上、健闘を祈る。