俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

人は水だ。水はよどむと腐る。

f:id:summer39191628:20160426102343j:plain

 気分を入れ替えよう。

人は水

東洋医学では「人は水である」と考えられているそうな。

確かに人体に含まれる水分は60%を超えていて、そのほとんどが水だと言える。あんまり実感はないが。

で、この水の代謝が悪い人ってのは病気になりやすい。

簡単に言うと、汗をかかなかったり、極端に水分を取らなかったりする人。

水は腐る

水はよどむと腐ってしまう。

常に動き続け、新しい物を取り入れることで水は生き続ける。これを怠ったり、放置されると腐ってしまうのだ。

だから人間も水の代謝を怠ると不調をきたすのだろう。

心も腐る

これは体だけの話ではない。人間の心も腐る。感情も腐る。

 

同じことを繰り返す、同じ所に留まる。他人と交わらない。新しい物を取り入れない。新しい物に触れない。挑戦しない。

 

そんな人はどんどん腐っていく。

孤独が人をおかしくするのはこれが原因なのだろう。他人と交わらないことで、心と感情が腐っているのだ。

心が腐った人間は善良であろうとしない。他人の不幸を望み、秩序を破壊したくなる。人間があるべき姿から外れることを求める。

感情が腐った人間はいつでも不機嫌になる。何があってもイヤなところばかりが目につき、どんな素晴らしい物にも価値を感じなくなる。自分の不幸を嘆くのはあまりにも惨めになるので、他人に対して攻撃的になる。

「自分がこんなに不幸なのはあいつらのせいだ」

そう思うことで、自分の責任から逃れる。

 

スポンサーリンク
 

 

入れ替えなければいけない

自分の中を入れ替えよう。新しい物に触れ、本を読もう。音楽を流して聞くのではなく、心から楽しもう。場所を変えたり、会う人を変えてみよう。誰かをバカにして笑うのではなく、バカを楽しもう。

心に新しい物を吹き込んで、心を動かそう。

人はそれを感動と呼ぶ

孤独を愛せるように

孤独が心を腐らせると書いたが実は少し違う。

人と繋がっていることが大事だと思われている。しかし絶対的に人間は1人であり、誰も自分の人生の責任はとってくれない。舞台に立っているのは自分だけで、周りにいるのは観客でしかない。

人と繋がっていることが絶対だと思ってしまうと、孤独を嫌うようになる。孤独でいる自分を間違っていると思うようになる。

だが本来は孤独こそが人間の本質で、そこに全てが詰まっている。

 

結局の所、自分をよどませるのは自分でしかなく、誰のせいでもない。どれだけ周囲から嫌われようが、どれだけ孤独だろうが、世界にはいくらでも感動が散らばっていて、それに気付くかどうかなのだ。

孤独であることを卑下しないでほしい。孤独を愛してほしい。どうか自分を心を腐らせないでほしい。

 

そんなことを思った次第である。

 

以上。


スポンサーリンク