俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

リーダーは偉大じゃなくていい。だけど…

o-DEFAULT-facebook

 

部下100人を抱える私のリーダー論です。 


◯リーダーだからという先入観


「スキルがない自分はリーダーなれない」
「人付き合いが苦手な自分はリーダー失格だ」
「志が足りない自分はリーダーの器じゃない」

はい、そうですね。ですが、ちょっとだけ見落としていることがあります。


まず肝に命じてほしいのは

リーダーは偉大でなくていい

ということです。

みんな「リーダー」というだけで、超人的な存在とか抜きん出た存在をイメージするかもしれませんがそれは違います。
スキルがなくてもいいです。人見知りでも大丈夫です。志がなくても構いません。

スポンサーリンク
 

◯人は常に欠落している


リーダーは人の上に立つ存在なんだから、優れていなければいけない。

そもそもこの考えが間違っています。

リーダーとはいえ人間ですから、何かしらの欠点は抱えています。それは「勉強して欠点を克服する」とかいうレベルの話ではなく、「人間=欠点」なんです。これはリーダーをやる人も、やらない人も肝に銘じて欲しい所です。

そうでないと、常にリーダーをやる側は
足元を見られないように立派でいなきゃ
と見てくればかりを考えます。

そして部下たちは
あの人はリーダーなのにあそこがダメだ
とアラ探しに夢中になります。こんな関係は何も生み出しません。アホですよ。アホ。


◯でも”なにか”がないと務まらない


苦手なことがあっても構いません。ですが部下たちがリーダーに付いて行く上で「心の拠り所」になるものが必要です。「あの人のあそこが好き!」って感じですね。

それは最初に書いたような、スキルかもしれませんし、人柄かもしれませんし、志かもしれません。
なんでもいいんです。
なんの取り柄もなくて、ただただ愚直にまっすぐなだけでも人は付いてきますから。逆にそういう方が魅力的だったりするもんですよ。

自分に自信がなくてもいいし、ブサイクでもいいし、バカでもいいんです。ちょっとイヤですけど、性格が悪くても大丈夫なんです。それぞれの形でリーダーになれます


◯一番大事なのは正直でいること


15-quotes150825-002


そして一番大事にしてもらいたいことは、周囲の人たちに対して正直でいることです。誠実とも言い替えられます。

迷ってるのに自信満々のフリをしたり、不安なのに強がってみたり…。最悪なのは分からないくせに分かっているフリをすることです。
他にも人付き合いが苦手なのに、ムリして笑顔で接するとか。見ていて痛々しくなります。

下の人間はリーダーが「実力不足」なことよりも、「誠実でない」ことを重要視します。自分の身に置き換えれば分かりますよね。嘘つきな上司なんてゲロ吐いちゃいますよ。


欠点を認めて、認められる関係を作りましょう。

そんな話。