俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

仲良し夫婦でいるための簡単なひとつの習慣

_SX353_BO1,204,203,200_

 


夫婦円満。

永遠にして人類共通の課題でしょう。

男と女はなぜ分かり合えないのか。

なぜいつまでも愛し合うことができないのか。


当ブログはそんな深遠なテーマを取り扱えるほど高尚ではありません。

◯簡単にできるよ


簡単に今日からできるささいなことを伝授したいと思います。


それは『マッサージ』です。


そんな本格的なものじゃなくていいんです。ちょっとした時間を使って5分、10分で構いません。それぐらいだったら誰でも時間がありますよね?

そしてマッサージをするときは相手にやってもらいたい場所を聞きましょう。

「どこがいい?」
「う~ん…、じゃあふくらはぎ」

この受け答えをすることも大事なポイントです。


◯根拠もあります


ちなみにこれ、心理学的にも根拠があるんです。

人間は日常的に自分の身体に触れる人へ好意を抱くようにできています。またそれが快感(自分に利益のあること)であればあるほど、相手への潜在的信頼感が高くなります。「この人は私にとって大事な人だ」と本能から認識できるようになります。こうなると”嫌いになろうとしてもなれない”関係性になります。

合コンのテクニックとかでもありますよね。ちょっとした時にボディタッチをするってやつ。あれと似たような効果です。まあマッサージはがっつり相手の身体を触っているので、そりゃあ効果が出るのは当たり前ですよね。

また「どこがいい?」と聴くことで、コミュニケーションが生まれます。
このコミュニケーションは上辺だけのものではなくて、相手の質問に対し「どこがいいかなぁ?」とちゃんと考える作業が発生します。逆説的ではありますが、嫌いな相手であれば相手の質問に真剣に答えることはしないのです。相手の言葉に心を反応させる習慣ができる。これを続けることで、自然と心が通い合う流れになります

スポンサーリンク
 

◯関係性は自然と壊れる


建物が音も立てずにゆっくりと老朽化していくように、夫婦関係もゆっくりと壊れていきます。みなさんのご両親を見てみれば分かると思いますが、大抵は仲が悪いですよね。相手の悪いところばかりに目が行ってしまったり、自然と悪口を言っていたり…。昔は愛し合っていた2人だと思うと、悲しいやら気持ち悪いやら…。

ということで、大抵の夫婦関係は自然と壊れていくんですよね。いることが当たり前になり、感謝の気持ちが薄れ、悪感情ばかりが強調されてしまいます。恐いのはその変化がゆっくりすぎて自分では気付けないということ。

そんな夫婦関係の経年劣化を防ぐためにも、日々のマッサージを行なうことが大切です。
これをやることにより

①肉体的なコミュニケーションから、信頼感が生まれる。
②質問に答えることで、心を通わせる機会になる。
③相手への感謝の気持ちが生まれる。



一番大切なのは、相手への感謝の気持ちです。これも慣れ合いになってしまうと、恥ずかしくて言えなくなってしまうので、そこまで関係性が経年劣化する前に「ありがとう」と相手に伝える習慣をつけましょう。
「ありがとう」って、言ってますか?私は日常的に言ってますよ!逆に言いすぎて「ありがとう」のハードルが低くなっている感はありますが、それはマッサージでカバーです。日々の家事に感謝しているからこそマッサージをしたくなる、ていう感じですかね。



以上、本当にささいなことですが、これができるだけで夫婦関係はかなり良好になります。ぜひ試してみてください!そして習慣にしてください。


最後にこんな名言を。


心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
 



そんなこと言いつつこれを買ってしまった私。奥さん、喜んでましたけどね。主婦は足が疲れますから。



スポンサーリンク