読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月商30万円ぐらい。 どうぞよろしく。

中島翔哉の理想のスタイルはメッシ!footiのインタビュー後編が公開されました。



スポンサーリンク

DSC_0006


貴重なインタビューをありがとうございます。

◯珍しいタイプのfootiの記事

今回のインタビューもこちらの記事からご覧になってください。

「理想のプレーはメッシ」中島翔哉の描くプレースタイル

それにしても、すでに文字起こしがしてあるなんて珍しいサイトですね。今まで知りませんでした。個人的には動画よりも時間がかからないので文字起こしはありがたいですね。

以下に今回の主な内容をまとめておきます。

・イメージ通りのゴールは今までにない。
・理想に一番近いのはメッシのプレー。
Jリーグ最年少ハットトリックも自分の力だけのものとは思っていない。
・海外でプレーすることとA代表に入ることは常に意識している。
・太田や森重に代表の話は聞かないけど、練習の時の1対1は意識している。
・怪我をしないようにストレッチをしている。
・マッサージはしない。
・当面の目標は最終予選でしっかりと勝っていいプレーをし、リオに出ること。
・サッカーを楽しむことをいつまでも忘れずにいたい。

ビッグマウス?目標の間違いでしょ。

私が中島翔哉の名前を最初に知ったのはNumberの記事だったと記憶してます。ネットでもかなり話題に上っていましたけど、その当時の目標は「バロンドールを獲ること」でした。
当時19歳でのその発言は本田と重ねられてビッグマウスと揶揄されていました。

確かに現実的に考えたら、日本人からバロンドーラーが現れるなんて今後50年はないでしょうね。

でもですよ。今回のインタビューでも「メッシのようなプレーが理想」と言っていて、表現は抑えられていますがこれも意味合い的には「バロンドールを獲る」と大差ないですよね?なのにこれはどうせ批判されないでしょう。エッジの効いた表現が抑えられているからですね。
そう考えるとみんなただ表現にいちいちギャーギャー騒いでいるだけで、言葉の中身はそこまで気にしていないんでしょうね。脊髄反射的というか。

大体にしてインタビューなんですから、選手の本音の部分を聞くのが目的です。なのにそこで本音の目標である「バロンドールを獲りたい」と言って何がいけないのでしょうか?いい子ぶれと?それだったらわざわざ選手本人に聞く必要ないでしょ。
それだったら編集部でこんな質問を用意した。きっと選手はこう言うであろう。という妄想質疑応答と大差無いですよね?だって本音じゃないんだから。

◯満たされないゆえに終わらない

インタビューの内容の方に行きましょう。

今回も中島翔哉らしい内容のインタビューで安心しました。
こうやって見てみると確信するのですが、彼は完全にサッカー変態ですね。いつまで自分の理想に追いつかない、まったく満足していないからこそ、いつまでも彼は努力を止めないし、止められないんでしょうね。

そしてこういう変態こそが常人では到達できない世界を見ることが出来るのでしょう。

元からこういう変態性を持っているのを才能と呼ぶのかもしれませんね。
一緒にしていいか分かりませんが、ロリコンの人は小さい子を好きになるために努力はしませんからね。ただ欲望の先に目的のものがあるだけで。

そう考えると異常性はすべて才能となってしまいますが、まあまた今度の機会にでも深く掘り下げてみますかね。


 


小説がないと確実に死にます

 小説狂の私が厳選した最高に面白い小説88選!!

 泣ける小説をひたすら紹介する

 1000冊以上読んだ私が教える、面白い小説を見つけるための5つのポイント


FXで小遣い稼ぎしてます

 FXを短期売買(スキャルピング)するならこの書籍がオススメ!!

 小遣い増やすならFXが一番手っ取り早いかな