俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

ブラック企業を殲滅する方法

DSC_0006

 

なんでこんな簡単なことに気づかなかったんだ…。

◯結論。


みんな辞めればいい





え?




ダメですか?



まあそう言わず、ちょっと聞いてくださいよ。


◯8割がブラック

ブラック企業が八割を占めると言われる我らが日本。おもてなしとか言ってる裏では泣きながら仕事してるんだから笑えませんよね。

DSC_0006

ブラック企業大賞なんていかれたアワードまで開催されているぐらい日本はブラック企業ブームです。もうこれで売り出した方が良かったんじゃないでしょうか?

「日本人は優しくて気遣いがすごく出来ますけど、本当はそんなの上っ面だけの腹ブラックな民族なんです。街に溢れる笑顔はネズミ王国のようによくできた偽物です。100人中80人が偽物です。だからオリンピックは日本で開催しましょう。みんな大好きでしょうネズミの王国?」

さて、ブラックな冗談はこれぐらいにしておくとして、なんでこんなにもブラック企業だらけなんだ?って話ですよ。

◯みんなおかしい

日本人は勤勉だと言われています。私自身を省みるとまったく当てはまらなくて申し訳ないのですが、まあそうなのでしょう。TOYOTAをはじめとする日本の企業はカイゼンを推し進め、常に前進しようとしています。確かに勤勉かもしれませんね。

基本的に努力をしていないとダメで、むしろ努力をしていないと認めてくれない空気がありますからそりゃあみんな嫌々努力しますよね。だってそうしないと生きていけないんですから。

その結果がこれ。安いお金でキツイ仕事。これって自分達で生み出した結果ですよね?


「どこよりも安く!」
それってチキンレースじゃないの?じゃあどこかのバカがタダでものを配り出したら終わりってことですよね?

「お客様は神様!」
どんなふざけたクレームも真摯に受け止めるとか、過剰なサービスとかですか?エレベーターから自分が降りた後、「開」ボタンを押して待っている人みたいに、逆に不愉快になりますよ

スポンサーリンク
 

◯嫌なら辞めるべき

「努力をしなければいけない」という固定観念にとらわれているせいで、「簡単に仕事から逃げちゃダメだ」って碇シンジくんみたいになっちゃってるんですよね。いいんですよ、嫌なら辞めちゃえば。あなたの貴重な人生なんですから。

人間は誠実であるべきです。どんな仕事であろうと商売なので、相手がいるはずです。その相手に対して誠実ではないのは卑怯ですよ。「こんな仕事辞めたい…」とか思いながら笑顔を浮かべていても、相手はあなたの笑顔を信じているはずですから。あなたの学生時代の教師とかがそうだったらイヤでしょ?だから誠実でなきゃいけないんです。

だから働いている人が誠実になれないような職場なんて大した所じゃないし、大体にして絶対に必要な会社なんて世の中にはありませんから。どんな状況でも人が生きていけるのはアマゾンとかの原住民を見れば分かるでしょ?

DSC_0006

※画像に表示されているスーパーは画像とは何の関係もありません。


◯世の中を作っているのはあなた

私も含めて自分が世の中を作っていることを自覚しましょう。嫌なもの我慢してしまうから、また誰かが我慢をしなければいけない状況を作ってしまうんです。タダでものを配るようなことはいけないんです。(いや、もしかしたらそれが理想の社会なのかも…)

ブラック企業がのさばるのは利用する人間と、大人しく務めている人間がいるからです。

ブラック企業と聞くとなんだか悪い経営者が不当に人間をこき使っているイメージがありますが、実態は違うでしょう。ただ周りのスピードに合わせられないバカみたいな経営者と、付いてこれない従業員って感じだと思います。まあ中には本当に悪どい所もあるでしょうが、意識して悪いことをしようとするほど日本の企業が不健全だとは思えません。

なので、バカな会社というか上層部には「バカなことをしている」と気付かせるためにも下の人間がどんどん離れていかなければならないんです。勤めているということは上の人間に一票投じているのと同じですから。

軍隊も兵士がいなければ機能しません。


あなたがやるべきことはなんでしょうか。


ブラック企業に手を貸すことですか?






スポンサーリンク