読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月間250冊以上。 バカなことを書いて怒られること多し。

【動画紹介】あなたはこのイカれた芸人を見たか?鬼越トマホークの破壊力にやられる



スポンサーリンク

img_4105

 

最近、私が大ハマリしている鬼越トマホークですが、またしてもざっくりハイタッチに登場したようです。

誰か知りませんが、こうやって動画を上げてもらって助かります。そしてこんな危険な企画も通してしまう、テレ東さんの捨て身精神に感服いたします。






◯企画の説明

芸歴6年目の強面コンビ「鬼越トマホーク」ですが、しょっちゅうケンカをしてしまいます。周りにいた芸人がそのケンカを止めようと仲裁に入ると、的を得た一言で言い返される、というもの。 

だったのですが、最近は単なる人格批判や暴力的な言葉をぶつけるだけに成り下がっています。しかし、それでも3回に1回ぐらいとんでもないホームラン級のコメントをぶつけてくるので侮れません。
完全にハマってしまっている私としては全てが面白いんですが、それでも「人を選ぶ芸人だなあ」というのが正直な所。面白い芸人が評価されないのも辛いですが、このまま売れられて、みんなが「鬼越トマホーク最高!」となるのも違う気がするのが難しい所です。いや、マジで面白いんですけどね…。

スポンサーリンク
 

◯動画はこちら 

 


ざっくりハイタッチ【鬼越トマホークの喧嘩を止めよう!第4弾】前編


ざっくりハイタッチ【鬼越トマホークの喧嘩を止めよう!第4弾】後編

 

前編、後編に分かれていますが、クライマックスは何といってもジャルジャルへのコメントでしょう。

シュールを盾に客から逃げるな

これは最強の名言ですよ。ただの暴言でも、笑いを取りに行ったネタでもありません。純粋なる先輩芸人に対する芸への姿勢批判です。 私なんて動画を見ながら笑う前に「すげぇ…」って言っちゃいましたからね。この言葉は深いですよ。的を得すぎです。確かにシュールって笑いを取れなくても言い訳が効きますからね、「いやあ客が付いてこれてなかったな」なんて。


◯この力を今のテレビが扱えるか?

破壊力は間違いありません。そしてこの真実を射抜く言葉の裏には確かな知性を感じます。人間性がイカれた頭のいいやつなんて面白いに決まっていますからね。
心配なのはこれだけ過激な素材を扱える番組、いやテレビ局があるのかってことです。つまらないことを平気でやるフジテレビはもちろんのこと、どこも批判には弱いですからね。まあテレビ局も商売なのは分かっているのですが、つまらないことをやったらそりゃ視聴率が下がるのは当たり前の話で。クイズ番組をYOUTUBEで見ようとは思いませんから。逆にYOUTUBEに上げられている番組をみてば何が求められているか分かりそうなものですけどね。

今の所はテレ東とジュニアが気に入ってくれているようなので、まだまだ見る機会はありそうです。2人の力をもっと見てみたいので、どっか使ってくれませんかね?