俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

【洋楽紹介】The Wanted『We Own The Night』のクオリティに驚き。個人の努力に頼る日本のアイドルは遅れている。

DSC_0018

 




”The Wanted”=危険なやつらって所ですか。訳すとクソダサイですけど侮ることなかれ。
まずは聴きましょう。

 

偉そうに紹介しといてなんですが私、彼らのことは全然知りませんでした。YOUTUBEの関連動画でたまたま見つけただけなんですけど、あまりにも耳馴染みが良かったので驚きました。ここまでのクオリティで一気に耳を持っていかれるのは洋楽ではワン・ダイレクション以来です。

この記事を書くにあたって少し調べたのですが、なんとワン・ダイレクションとは同期なんですよね。しかも同じイギリスのグループです。同世代にあんなバケモノがいたらやりづらいでしょうね~。
でも彼ら”The Wanted”も負けていないクオリティなので、認知さえされれば日本でも人気がもっと出ると思いますよ。どこかCMに使ってみませんか?耳に残るメロディーが欲しいのであればここにイイのがありますけど~。
ゲスの極み乙女もいいかもしれませんけど、トリッキーなのばっかりの中に彼らの楽曲を放り込んだら、ストレートに印象に残りますからね。

それにしても、ワン・ダイレクションを筆頭に海外のこういう自分達で曲を作っていないグループってのはクオリティが高いですなー。日本で言ったらただのアイドルですからね。アイドルはまったく興味がない私。一応、音楽的な意味では、ですが。
パフォーマンスに専念する人と、楽曲を作るプロが揃えばいいものが出来るのは当たり前の話です。ですが日本だとただの足し算なんですよね。売れてるものをただ組み合わせるだけなので、ここまでのクオリティが出ないんでしょうね。チームになっていないというか…。
確かに万能感のあるシンガーソングライターはそれだけで価値があると思いますし、作っている本人がパフォーマンスまでするので完成度はそりゃあ高くなりますよ。だけどちょっと行き過ぎている部分もあって。最近、私が好きになった米津玄師なんか作詞作曲編曲だけじゃなくPVのイラストまで描いてますから。凄すぎて変態の域です。
それはそれで凄いことなんですけど、そこまでの才能を求めると、なかなか世に作品が送り込めなくなりますよ。米津玄師みたいなのは早々出てきませんから。
だからこそ、分業を究めることで海外のアーティストのようなクオリティを出してもらいたいものです。日本のは完全に”偶像(アイドル)”ですよ。胸には響きませんし、消費されるためのものに成り下がってますから。本人たちの努力は本物だと思うんですけど、頭を使った協力から生み出される効率は努力をたやすく凌駕しますからね。日本のアイドル業界にも見習ってほしいと思う今日このごろ。

ということで、制作側ではない何の責任も無いただの観客である私が勝手な言い分を並べてみましたよ、と。


レンタルはネットでやるのが一番、ラクですよ。
 


スポンサーリンク