俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

『ストレス発散』浮遊感が気持ちいいジャズ2曲を紹介

DSC_0018

 



保険は貯蓄になるんですよ。無駄にしちゃいけません。

貯蓄相談ならFPプロダクション




ジャズって普段聴きますか?

意識して聴く人はなかなか少ないでしょう。私もそうです。
学生時代は吹奏楽に勤しんでいたので真剣に聴いたり勉強していたのですが、今のとなってはオシャレなお店でふんわり聴くだけになってしまいました。

スタンダードな楽曲(シング・シング・シングとかA列車とか)しか耳にする機会の少ないジャズですが、ここ何年かの間に革命が起きています。ジャンルとしての進化が非常にめざましいです。

そんな最近のジャズの中でも特に才能を感じさせる楽曲を2曲紹介したいと思います。
インストなので飽きの来ない楽曲になります。そして私の大好物である”浮遊感”がとてもよく表現されていてかなり気持ちいいです。
ストレスを軽減するには持ってこいの楽曲なので、ぜひ愛用下さい。


まず一曲目は去年デビューしたばかりのタイラー・マクファーリンです。知名度はゼロでしょうが、並外れた楽曲のバランス感覚は私達を異世界へと放り出します。独特の浮遊感は病みつきになること間違いなし。
またゲストとして参加しているベースのサンダーキャットは天才の名をほしいままにしているまさに新時代のジャズスターであります。

 


続いて二曲目。
ジブリのカバーでも名前を知っている方はいるのではないでしょうか。ジョバンニ・ミラバッシ氏です。
先程の楽曲とは打って変わって、こちらはピアノ一本で勝負しています。ええ、もちろんこれもジャズです。
特に後半のテンションの高い旋律から発せられる浮遊感は独特の味わいがあります。一時期、ずっとリピートで聴くぐらいハマりました。

 


敷居が高いと思われがちがジャズですが、ここ最近は進化を遂げてトランスやHIPHOPに似た味わいが出てきているので、耳に馴染みやすくなっています。

ぜひ、この機会に新時代のジャズを楽しんでみては? 

 


スポンサーリンク