読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月商30万円ぐらい。 どうぞよろしく。

東京五輪ロゴの件について 問題点と提案



スポンサーリンク

無題

東京五輪のロゴが白紙に戻りましたね。
もうこんなクソみたいな問題が起こらないように提案があります。
 


○問題点 

1.閉鎖的すぎた

国家の一大プロジェクトであるオリンピックの象徴”ロゴ”を『少数の専門家達が頭を小突き合わせて決める』というやり方自体に問題があったと思います。

2.そもそもロゴがダサい

後出しジャンケンのようで嫌なのですが、私はあのロゴを初めて見た時に「ダサっ!」と声に出してしまったぐらいです。あの公式ユニといい、魅力が無さ過ぎます。
36286f59

3.この世にはパクリしかない

この世に完全に新しいものは存在しません。パクったかどうかは本人を含め、誰にも分かりません。
まあ意識してパクった場合は分かるかもしれませんが…。
似たようなデザインや、同じ要素を持ったデザインは絶対にあります。
イデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何者でもない 
ジェームズ・W・ヤング
更に言うと、佐野氏のロゴに似ているものがあるかどうかなんて探しようがないです。
それこそ人海戦術でも使わない限り…。


とまあ、ざっくりまとめるとこんな所でしょうか。では本題。私の提案です。


これは任天堂宮本茂さんの言葉ですが、この理論を活用したいと思います。
イデアとは複数の問題を同時に解決するものである

○インターネット投票にする

出回ってるロゴの候補作達の画像があるのですが、あれらをネット投票にすればいいんじゃないでしょうか?

無題

この他にもあっていいんですけど個人的にはあまり数は多くない方がいいと思います。
で、これらをリアルタイムに集計していくと。

では次に、このやり方のメリットを挙げていきます。


1.公にすることで公平性が出る

少なくとも関係者の利害関係とかは存在しにくくなるでしょうね。

2.多数決なのでそこまで変なものは選ばれない

デザインまで応募しないようにしましょう。ある程度までは専門の方々で絞り込んで貰いたい。
例えば人気アニメを模したものとかが出て、熱狂的なファンが後押しするような動きが出ると面倒なので。

選択肢だけ用意しておけば、大勢が妥協できるデザインが選ばれると思います。

3.パクリを事前に把握できる

もし自分が推していないデザインが1位になっていたとしましょう。すると今回の騒動を作り出したネットの暇人達は同じように似ているデザインとかを見つけ出してくれるかもしれません。
それで話題になってくれれば儲けものです。彼らの捜査能力を存分に発揮してもらいましょう。
そして、そこで出た情報を目にして嫌だと感じた人は違うデザインに投票し直せばいいのです。

4.候補を複数に分けることで悪意を分散させる

今回の佐野氏の一件のように誰か特定の人間がいると攻撃の的になりやすいです。
なので候補が複数あったり、デザインだけをアップしておけば攻撃対象はいなくなります。


いかがでしょうか?
もし「いいじゃん!」と同調してくださる方がいらっしゃいましたら、是非とも拡散して下さい!


以下は私がこのアイデアを出そうと思うまでに考えたことです。愚痴のようなものなので、興味の無い方は読み飛ばして下さい。

○佐野氏の一件について…


大人しく会社勤めを続けている人間の私からすると、オリンピックの計画に関わっている人達の気持ちに思いを馳せてしまいます。
社内の監査にでさえ、びくびくしている私ですから国家規模のイベントに携わる緊張感なんて想像も出来ないし、したくもありません。

きっと、ひとつひとつの仕事が確認確認で大変だったと思います。

このプロジェクトを真剣に進めていた方々はネットで好き放題言っているやつら、”顔のない大衆”を殺してやりたいでしょうね。

仕事をしていると辛い時ってのはいくらでもありますが、努力が報われなかったときの脱力感は特にキツくて
「もう辞めたい…」ってなりますよね。
それが会社の止むを得ない事情だとしても納得できないのですから、ただの外野の悪意のせいで自分の仕事が振り出しに戻されたらかなり腹が立ちますよね。

こんなことは繰り返さない為にも私のアイデアを活かして貰いたいものです。

もう誰も傷付きませんように!