読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月間250冊以上。 バカなことを書いて怒られること多し。

全サッカーファン必見 ”This is Football - 2015”に感動する



スポンサーリンク


もう私は何回見たか分かりません。それぐらい素敵な動画です。

サッカー好きなら観なきゃダメです。 

  

 



サッカーってやる方も応援する方も人間性が出ますよね。
悪質なファウルをしたりとか、華麗なダイブでPKを獲得したりとか。私はそういうプレーが大っ嫌いですけど。

それは置いといて、今回はサポーターの話です。

相手サポーターを敵視する人は多いですよね。選手でさえ試合中は熱くなってしまうこともあります。

私はまだスタジアムで生観戦はしたことがありません。理由はというと、単純です。怖いんです

熱狂的なファンは私の目には暴力的に見えてしまいます。
だって、笑ったり悲しんだりしながら観戦しているのであれば「楽しそう」と思えますが、完全にトランスしているような状態の人を見たら引くでしょ。覚醒剤でいっちゃってる人を見ても「俺もやりた~い」なんてならないでしょ?

先日ツイッターで流れて来たのですが、柏かどこかのサポーターがブログでチームを批判されたと勝手に思い込み、脅迫まがいのツイートをしているのを見ました。 今度、スタジアムで見かけたら危害を加える、大体特定はできてる、みたいな感じでした。

こんなの見て会場まで足を運びたいと思うニワカがいますかね?

以前も書きましたが、こういったのめり込んだファンってのは勝手に守護者気取りになるんですよね。自分の価値基準で善悪を決め、気に入らないものは排除しようとしてくる。タチの悪いことに本人は正義感を持ってやっていることもあるからさらに手が付けられません。

参考 「火花」209万部突破 そしてマニアが業界を潰す。

理解できない、分かり合えない人間はいる、と考えている私はこういった人達がいる所には近づきたくないです。話し合った所で無駄でしょうから。

この動画には自分達がどうあるべきかという示唆に富んでいます。”This is Football - 2015”を見て、自分達の行為がどれだけサッカーの価値を貶めているのか感じてもらいたいもんです。 

 
Skyscanner