読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺だってヒーローになりてえよ

圧倒的な読書量と端から忘却していく貧相な記憶力、ふざけた文章を駆使するポンコツブロガー。 同情されているのか、やたらとオススメ本や漫画が売れている。月商30万円ぐらい。 どうぞよろしく。

ブログ開設3ヶ月でスマートニュースに3回載るという快挙。という駄文。



スポンサーリンク

f:id:summer39191628:20160728213739j:plain

 

どうも。

 

快挙

ブログ運営に関してほとんど結果を出していない私は、人様に偉そうなことを言う資格が無い。だからこそせめて文章だけでも偉そうな口調で行きたいと常々思っている。偉そうにするのは偉くない人間の特権である。

で、こんな大した価値もないブログを運営している私だが、何かの才能があるのかもしれない。

というのも、このブログを開設してからわずか3ヶ月の間に3回もスマートニュースに掲載されたのだ。

読者数が何百人もいるようなブログであればそんなのは大したことではないのかもしれないが、この『俺だってヒーローになりてえよ』という掃き溜めのようなブログの場合それは快挙と言っても過言ではない。むしろ異常事態である。大丈夫か、スマートニュース。

役立つものを

何も取り柄のない私だし、何の価値も提供できないこのブログだが、もしかしたらこの「スマートニュースに取り上げられる」ということに何かしらの価値を見出してくれる方がいるかもしれない。

そこで今回の記事では、スマートニュースに掲載される記事の傾向と、記事を書く上での注意点などをまとめてみたいと思う。

あくまでもこの記事は私独自の方法と見解であり、「スマートニュースに掲載される方法」なんていう誇張はしない。

日頃から私のブログを読んでくれているごくごく少数の方であれば分かると思うが、私は人様に役立つ記事を書くことがほとんどない。そこを覚悟した上でこの記事を読んでいただけると、かなりハードルが下がってむしろ役立つ記事になる可能性がぐっと上がる。

一緒に作り上げよう

そもそも役立つ記事というのは、提供する側がレベルの高いものを提示するか、受け取る側のレベルが低いことで発生する。両者のレベルの差があることで「これはレベルが高い!」が思わせることができるわけだ。

そう考えると、この記事を役立つものにできるか、レベルの高いものにできるかどうかは、あなたにかかっていると言える。なぜなら私が提供できる情報のレベルを上げることはできないからだ。あなたのハードルを下げれば済む話である。これが世界平和というものだろう。世の中はできる人ができない人を支えることで成り立っている。そんな理想の社会の縮図をこの記事で作り上げていこうではないか。

日記なのか…?

もしかしたら、「なんでわざわざ自分がお前の価値が低い記事を役立つものにする手助けをしなくちゃいけないんだよ。価値の高いものを提供できるようにもっと努力しろよ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれない。それはあまりにも正論でそんなことを言われた日には私はぐうの音も出ないことだろう。そもそもぐうの音など出したことは今までにないので別に構わないが。

確かに私は努力が足りてないのかもしれない。ブロガーである以上、人様に役立つ記事を書かなければ存在している意味がない。ただの日記になってしまう。私の日記なんぞうちの奥さんぐらいしか読んでくれないだろう。というか奥さんだって興味がないと思う。そもそも私は日記を人に読んでもらおうなんて思ったことはない。

正論の先にあるもの

えーっと何の話だっけ?

ああ、正論の話か。確かに価値の低い記事を書いていることは申し訳なく思う。あなたに「ハードルを下げろ」とのたまう私は愚かだと言えよう。好きなだけ言うがいい。その為に愚かという言葉があるのだ。愚かな人間がいるなら「愚かだ」と言うべきだ。そうでなければ「愚か」とい言葉がこの世に存在する意味がない。

好きなだけ私を罵っただろうか?

さてそこであなたに問いたい。正論を振りかざし、さんざん私を罵ったあと、あなたの胸に何か去来するものがないだろうか?

いや、言わなくても分かる。それは「空しさ」だろう。正確には「虚しさ」かもしれない。違いは知らないが。

そうなのだ。正論というのは正しさという名の暴力であり、その先には何も残らないのだ。だからあなたの胸に虚しさが去来するのだ。

力になりたい

こんな何の取り柄もない私だが、せめてあなたに虚しい人生を歩んでは欲しくないと思う。それぐらいならば私だって力になれると思う。だからこの記事を読むハードルを下げてくれ。そうすればあなたの胸には「こいつの力になれた」という充足感が湧いてくることだろう。そんなふうに私はあなたが私の力になることに力を貸して力を得たい。まるで力の自給自足生活ではないか。永久機関とはこのことかもしれない。たぶん違うと思うが。

犬は可愛い

それでも「お前なんかになんで協力しなきゃならないんだよ」と、納得いかない方はもう少し考えてみてもらいたい。

そもそも人はなぜ協力するのだろうか?

これはひどく単純な問いかけだが、単純であるがゆえに深い。単純なものは深く感じてしまうように私たちはできている。なんてったって私も、犬が大人しく座っているのを見るだけで「哲学的な顔をしているな。何か深いことを考えていそうだな」と思うぐらいだ。きっとあいつらは「腹減った」ぐらいしか考えていないだろうが。

協力の話に戻るが、一番頭を使わない答えを上げるとすれば、それは「ひとりでできないことをするため」というものになると思う。

ちなみになぜこの答えを「一番頭を使わない答え」と定義したかと言うと、常日頃から「脳みその状態をできる限り生まれたときのまま残しておきたい」と考え、頭を使うということをできる限りしない私が一番最初に思い浮かんだ答えだからだ。

私と同じレベルだったからと気を落とさないで欲しい。生きていれば辛いことだってある。そしてその辛さがあるからこそ喜びというものが存在できるのだ。どんなものにも価値がある。

自己啓発洗脳社会~目的の彼方~

私は価値ある記事を提供したい。しかしひとりではできない。誰かの協力が必要だ。

そういった時に「協力」というものが必要になるのはよくある話である。

しかしあなたが指摘しているように、ポイントはあくまでも「なんで見も知らぬ他人のお前と協力せにゃならんのじゃ」という所であって、これはいわゆる「目的」というものだ。

私はこれでも会社で100人を超える部下を抱えており、目的を持たせることにはかなりうるさい。うるさいだけで別に何もしないしできないのだが。

まあ私が目的にうるさいのは置いておくとしても、目的がないと協力出来ないというのはおかしな話ではないだろうか。

少し考えてみてもらいたい。

例えば私たちは日本という国で生活している。もしかしたらあなたは海外に住んでいるかもしれないが、その場合は地球で生活している、に置き換えてほしい。

日本で生活している以上、私たちは日本国というものが存続できるように機能している。国民全員が一丸となっているのだ。これを協力と言わずになんと言おうか。それなのに私たちが生活している中で、「日本を存続させよう」と思うことはまあない。目的もなしに協力してしまっているのだ。

つまり私たちは、話題の動画自己啓発やらに脳を侵されすぎて「協力するためには、人を動かすためには『目的』が不可欠である」と思い込んでいるだけなのだ。本当は別に目的がなくとも協力できるのだ。

どうだろうか。目から鱗だろう。

そういえば話はそれるが、この「目から鱗」という言葉はそもそも旧約聖書のエピソードが元になっているそうな。そもそも目に鱗が入っていることに気付かないようなアホに何を言っても仕方のないような気がするが、その辺はさすがのイエス様である。YES!

ということで、協力することの素晴らしさを理解してもらえたことと思う。私はそれだけで満足である。

 

以上。

 

 

 

 

ああ、そういえばスマートニュースに掲載される記事の傾向と、記事を書く上での注意点を教えるんだったっけか。

以下にまとめておくので参考にされたし。

スマートニュースに掲載される記事の傾向

掲載されたのは以下の3記事。

orehero.hateblo.jp

orehero.hateblo.jp

orehero.hateblo.jp

 

どうやらマイナーな話題に特化したものが好まれるようである。

 

記事を書く上での注意点

 

マイナーなものを書くようにしよう。

 

 

以上、健闘を祈る。